今回は ハチミツウィーカーの拡大版&小川もこのトークコーナーとの合体で、番組の前半に 藤田ゆーみんと一緒に 5月2日に取材してきました、「アラバキロックフェス2010」の様子をご報告します。

二人が心揺らした楽曲もオンエアー。
さぁ、どんなトークと 曲を お届けするのか、どうぞ お楽しみに!



ミツバチ1号ゆーみんから 
アラバキ報告が届きました!

おばんです〜!
ミツバチ1号、ゆーみんです。

今回は、もこさんと一緒に参戦した「荒吐ロックフェスティバル」のレポートをお届けします!

100502_08275510周年を迎えた「アラバキ」

今年は5月1日(土)と2日(日)
行われました。


2日間で参加したアーティストは95組
来場者数はなんと!過去最多の4万2千人!!



でも、会場にはゴミひとつ落ちていない。
スタッフの対応もキメ細かく、お店の方々もサービス満点。
その優しさがお客さんみ〜んなに伝染している感じ。


私たちは2日目のみの参戦だったのですが。。。

最初のアーティストは「BLUE掘廚判颪い討△襦
ん?ブルースリー?
その名の通り、ヌンチャクを振り回しながら激しいライブを見せてくれました。

その後は。。。
「ザ・50回転ズ」のマイクチェックソングに笑い、
「おおはた雄一」さんの声と温かい音楽に酔いしれ、
「清竜人」さんの若さと情熱を感じ、
「バンバンバザール」のリズムで踊りまくり、
「HEATWAVE」の貫禄に圧倒され、
「山崎まさよし」さんの声とギターに体が動き、
「吉井和哉」さんのセクシーさにドキッとし、
「泉谷しげる」さんの自由さに開いた口が塞がらず、
「BEGIN」のウチナーグチで沖縄に連れて行ってもらい。。。


そしてラストは「RESPECT FOR 忌野清志郎」セッション!!

なんと、この日は清志郎さんの命日だったのです。
今回のアラバキに出演したメンバーを中心に、清志郎さんの代表曲をトリビュート。

まずは地元・川崎町の中学生たちが、「OH! RADIO」を合唱。
ゆーみんは子供達の声と清志郎さんの声が一緒に聴こえた瞬間に涙が。。。
このトリビュートのために来てくれた奥田民夫さんの「スローバラード」には、もこさんも涙。。。

夜空には星も輝いていて、「あぁ、清志郎さんもきっと一緒に歌ってくれているなぁ。」と、しみじみ。
気温は低くとも、会場全体が一体となって清志郎さんを思う、暖かい時間でした。

桜満開の、10回目のARABAKIに感謝。


100502_110839_edその他、東北のフェスならではの、
民謡や三味線も堪能。
ゆーみんは同郷・秋田の民謡歌手
「藤原美幸」さんの秋田音頭に、
ついつい客席から大声で合いの手♪


100502_144640そして、グルメもフェスのお楽しみ☆
今回二人が食べたのは、玉こんにゃく、
芋煮(みそ味/しょうゆ味)、
米沢牛メンチカツ、
牛タン串、ホヤ串、ケバブサンド、
とんこつラーメン。。。

もちろん、お酒も適度に(?)
頂きました!



笑顔いっぱいのまま、「また来よう!」と心に誓い、
二人は、打ち上げと称して夜の仙台に消えたのでした。。。

100502_210235

アラバキ!宮城!東北!ありがどぉ〜〜〜!!





ミツバチ1号



小川もこ の アラバキ報告は 
↓こちらのページをご参照くださいませ。

小川もこのブログ
風薫る 仙台にて〜楽天ホーム戦&アラバキ・ロックフェス2010