ミツバチ2号ミツバチ2号の、コビー夏山です。
今回は、過去50年間の日本の名CMだけをあつめたDVDを紹介します。

タイトルは、

[もう一度観たい 日本のCM50年]

発売元: エイベックスイオ
価格:4725円

です。
日本のCM50年



収録されている作品は、ACCのCMフェスティバル受賞作品です。

ACCというのは、広告の質的向上をめざしている社団法人で、毎年一度、優秀なCM作品をえらんで、賞をきめるということを、50年!!続けてきたそうです


1961年の白黒のセイコー腕時計のCMから始まって、2009年ダイワハウスのCMまで。ノンストップで、78作品収められてます。


時代順にならんでいるので、タイムトリップ感があります。

おじいちゃんおばあちゃんから孫世代まで家族みんなで揃ってみても盛り上がると思います。


万年筆のCM…大橋巨泉さんの「はっぱふみふみ」や

フィルム会社の…「キレイな人はより美しく、そうでない方はそれなりに」

は、今みても、とても斬新ですし、


大原麗子さんがウィスキーのCMで「少し愛して、ながーく愛して」とハスキーにつぶやくと、僕なんかは、何度みても顔が熱くなってしまいます


物語あり、笑いあり情緒あり、スペクタクルあり…

日本のCMは、
ベリーベリーショートフィルム作品なんや!


と叫びたくなるほどの逸品揃いです。


間とか、間接表現とか、美質とか、そういったものへのこだわりが、ほとばしり出ています。


15秒とか30秒とかいう、小さな器にいかに小宇宙をもりこめるか…


とりもなおさず、商業広告なのだけれど俳句や盆栽に通じる美意識を感じちゃうのは、僕だけでしょうか。




この春、CMのあり方について、僕らは[考えなおした]気がします。

いや、[感じなおす]といった方がいいかもしれません。


神経が緊張をしいられる中で、

感覚が[ああいい]、とか、[これはイヤ]というようなことをより素直に叫ぶようになったと思います

僕らはCMにより批評的になったのかもしれません。

CMを観賞するようになったのかもしれません。


15秒や30秒のミニマムな映像表現の世界で何ができるのか。しかも広告という経済目的と美しさや安らぎをどう両立するのか?

CMに日本の明日がみえるといったら、言い過ぎかしら?

ま、単純に、面白いんで、ぜひ!


コビー夏山



〜ACC 50周年企画DVDシリーズ〜 もう一度観たい 日本のCM 50年〜ACC 50周年企画DVDシリーズ〜 もう一度観たい 日本のCM 50年
出演:(オムニバス)
エイベックスイオ(2010-11-24)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る